竜飛崎に佇む

画像

 ごらんあれが 竜飛岬

 北のはずれと 見知らぬ人が指をさす

  写真はイメージです↓
画像











 記念碑の前の赤いボタンを押すと、それこそ北海道まで届くんじゃねぇ~かと思われるような大音量で津軽海峡冬景色が流れる竜飛岬にやって来た鉄道趣味者5名。

 他の趣味者達は一瞥くれただけで、青函トンネル記念館に行ってしまう者、階段国道を“走って”下りて行ってしまう者…。

 出たッ!このグループお決まりの個人プレー!

 オレは聞くよ…津軽海峡冬景色を…。夏は穏やかな光景を見せる津軽海峡も冬は荒れた姿を見せるのでありましょうな。

画像
画像

 
 片割れは走って下りて行ってしまった(それじゃ最初から下の漁港でバス降りれば良かったんじゃないの?)が…階段国道も見るだけ見てみるかッ!

画像
画像


 よし!オレは下りて行く気力も無いし、青函トンネル記念館へ行ってみよう。

 記念館へ行く途中には青函トンネル工事で殉職された方の慰霊碑があります。

画像



 素通りしないで、ぜひ手を合わせて下さい!


  ↓階段国道歩行記念スタンプ
画像







 見ただけで、決して歩行はしていない。

 走って階段を下りて行った奴に「スタンプがあれば…」

 と頼んだのだ。

 これはスタンプ収集としては反則だ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック