パワースポット鞍馬寺

画像

 鞍馬と言えば“天狗”ですよね。
 “鞍馬天狗”なんてのもいますから…。

      叡山電車の鞍馬駅を降りるといきなりど~んと現れる天狗。

画像














 天狗グッズも充実しておりますが、なぜ、鞍馬は天狗なの?書くのが面倒なので↓を読んで下さい!
画像
画像

 元々、天狗はお稲荷さんの本尊とされる「ダキニテン」(法印を持って狐に跨った女性の姿をした仏神)の信仰が
 変容して形作られたとも言われています。関東だと高尾山の天狗は狐に乗っている…。
                   ↑今日「お稲荷さんの世界」展で勉強してきたウンチクを早くも語っちゃった


 鞍馬山にある鞍馬寺へ行くには火祭りで有名な由岐神社を通ってつづら折りの道を登って行くか?山門を入った
 場所にある鞍馬山ケーブルで途中まで登るのか?2通りありますが…。もちろん僕は歩きました。(お寺さんも
 徒歩をおススメしております)

画像
画像


 山門から20分。息も絶え絶え(今回は絶え絶えになることが多いです)で到着した鞍馬寺。
 正殿前の六芒星の中心に立つと、気を受けると言われています。

画像
画像


  本尊は寺では「尊天」と称しています。

 「尊天」とは、「宇宙の大霊であり大光明、大活動体」であり、私たち人間をはじめ万物を生かし存在させてくださる
 宇宙生命・宇宙エネルギーであって、そのはたらきは愛と光と力となって現れる。
 愛を月輪の精霊…千手観音菩薩、光を太陽の精霊…毘沙門天王、力を大地の霊王…護法魔王尊のお姿で
 あらわし、この三尊を一体として「尊天」と称するのである…
 (パンフより)

 まあ、良く分からんがパワーを貰えるのでありましょう。

 奥の院へ向かう参道の入り口に霊宝殿があります。こちらの霊宝殿は1階が鞍馬山の自然科学博物苑展示室。
 2階が寺宝の展示室。そして3階が仏像奉安室となっておりまして、国宝の毘沙門天像の他にも仏像が目白
 押しです。
 個人的にはですね~、入り口を入って一番左側の鎌倉時代作・毘沙門天像が一番好き

画像
画像


画像

 奥の院魔王殿までは本堂・金堂より20分の山道。
 奥の院からもう一つのパワースポット、貴船神社へは
 急な山道(下り坂)を20分。

 前日(28日)に雨が降ったのかな?
 滑りやすい山道の悪戦苦闘の模様はまた次回…。
 

 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ぴあの
2010年05月04日 11:50
前回閉まっていた霊宝殿 次回は是非行って見たいです。

みなさん、同じ様なことするのですね~
写真の方と同じ様に 私も正殿前の六芒星の中心に立って来ました。
気を受けたかどうか「?」ですが。

前件のことですが、私 赤山禅院から比叡山に登ってきました。
ひょいひょいとまでは行かなかったけど・・。
でも好きなことなのでルンルンでした
五郎蔵
2010年05月04日 22:09
一応、お決まりでしょうね。六芒星の中心に立つってことは。
私も気を受けたかどうか…感じてません
でも、ルート的には鞍馬寺から貴船へ向かう方が下り中心で
楽ですかね?貴船から登るのは急な山道で大変そうです。
赤山禅院から歩いて比叡山へ
千日行者並みです

この記事へのトラックバック