テーマ:銅像

傳通院にある指塚の近所にはあの方の銅像

  傳通院(でんづういん)は、今から約600年程前の  応永22年(1415)、浄土宗第七祖了誉聖冏上人  が開山したお寺です。   当時は小石川極楽水の小さな草庵で、無量山  寿経寺という名で開創されました。   それから約200年後の慶長7年(1602)、徳川家康  公のご生母於大の方が逝去され、この寿経寺を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インスタントラーメン発明記念館

 すぐ美味しい~凄く美味しい~   チキンラーメンは旨いんだな~  生卵を落とすと一段と旨くなる…  この方はインスタントラーメンの生みの親  安藤百福氏です。昭和33年、世界初のインスタントラーメン  「チキンラーメン」を発明。昭和46年にはこれもまた世界初の  「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

忠犬・タマ公

忠犬タマ公は、新潟県村松町中川原、刈田吉太郎さんの猟犬で、昭和9年2月と同11年1月の2度に わたり狩猟中雪崩に遭遇した飼い主を助け出し、忠犬美談として人々に強い感銘を与えました。 上越新幹線の開業を記念し、永くこの美談を伝えるため、広く県内外の賛同者からの浄財により製作され 村松町忠犬タマ公像建立実行委員会から寄贈さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の丸公園にある吉田茂像

旧吉田茂邸、ほぼ全焼…漏電か?            戦後政治史の貴重な舞台が全焼ですか 吉田茂像は北の丸公園・科学技術館近くにあります。  もっと近くまで行けるようですが、工事中のためここまでしか接近できませんでした。 吉田茂は外務省に勤務し、各国の大使を歴任しましたが、日独…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

吉村昭著「彰義隊」の主人公

北の丸公園・国立近代美術館工芸館近くにある                北白川能久親王像です。 能久親王は、皇族でありながら、戊辰戦争で朝敵となってしまった方です。 上野の寛永寺山主時代の名は輪王寺宮能久親王。鳥羽伏見での幕府軍の敗北後、寛永寺で謹慎する 徳川慶喜の恭順の意を朝廷に伝えるため奔走します。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お札の肖像にもなっている和気清麻呂像

和気清麻呂って言われても…今の人は知らないでしょ。オレだってよく知らないもん。 調べました! 奈良時代、称徳天皇(女帝)が道鏡という僧を重用したため、道鏡は太政大臣禅師から法王となり権勢を 欲しいままにし、天皇の位まで手に入れようと画策しました。 宇佐の神官が宇佐八幡神の神託として、道鏡を皇位に就…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇居外苑の楠木正成像

東京銅像めぐりシリーズ…   新シリーズにはならないかなぁ!? でも「銅像」ってテーマ作っちゃったし~ でも今回 6体 の銅像を写真に撮って来たということは少なくとも6回シリーズにはなる(笑) 記念すべき第1回目の銅像さんは楠公(なんこう)さんと呼ばれている(→桂南光師匠じゃないよ!!)…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more