テーマ:

野田玉川鉱山を見学する

前に…三陸鉄道・陸中野田駅で記念乗車券を買って御満悦の鉄道趣味者。 これは致し方ないところだ。 そんな陸中野田駅から車で10分のところに「マリンローズパーク野田玉川」という施設がある。 野田玉川鉱山。 多くのマンガン鉱物種を産出する鉱山である。 中でも良質なバラ輝鉱石は宝飾品の原材料となっていて、マリンローズとしてとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青龍大権現・十和田神社に参拝する

 光太郎だよ…。  智恵子は東京に空が無いという  ほんとの空が見たいという…ってね。智恵子抄だ。  オレも高校生の時に“何か”に感動して「智恵子抄」買って読んだんだよ。今じゃすっかり“何に”感動したのか忘れちゃったけど…。  さあ、十和田湖といえば乙女の像。この日のルートをおさらいすると、昭和大仏~八甲田雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八甲田遭難の地に立ち、正しい歴史認識を学ぶ

 遂にオレも雪中行軍遭難の地に立ったよ。  まあ、オレも今までに↓を読んだり、DVDも数えきれない程観ましたよ。  2008年には、この地に向かう道沿いにある八甲田山雪中行軍遭難資料館も見学させて頂きました。  今回はいよいよその現場を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館から帰還する鉄道趣味者

函館を17時に出ると、大宮に21時には着いちゃうんだよ! 青函トンネルなんか居眠りしてる間に通過しちゃって、目が覚めたら盛岡だよ! (何のための鉄道趣味者ツアーだよ) 田中角栄先生の日本列島改造論もあながち間違いではなかったと思う今日この頃。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一口城主になろうと決心する城趣味者

 3月27日の熊本城。  オレも最近、石垣などに関心が出てきて(渋い…余りに渋すぎる…)和歌山城や大阪城や姫路城などの石垣を見てきたが、熊本城の石垣も美しいですよ。  こりゃ凄いや~。と、御満悦で帰ってきた直後の大地震だもの…オレのショックも大きいのである。  日本財団みたいに数十億円は寄付できない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重要文化財の落書きに思う

 現在、飯盛山には寺は無いんですけど、かつては正宗寺というお寺さんがあったんだそうだ。  その正宗寺の住職であった郁堂の考案した建物が「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」、別名「さざえ堂」である。  上りと下りが全く別の通路になっている一方通行の構造。これにより、多くの参拝者がすれ違うことなくお参り出来るという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白虎隊手ぬぐい

 おッ!最近は御朱印のことばかりだったけど、もう一方のコレクションのことを久々に書けて嬉しいわ!  久々に紹介する“手ぬぐい”は「白虎隊」だ!  3日間(1/9~11)の鉄道趣味者ツアーの内、3日間とも個人行動の計画を入れた「寺好き・神社好き・歴史好き」。  初日は喜多方でラーメンなど食う奴らはほっとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長谷川等伯のふるさとに佇む鉄道趣味者

もう、話が滅茶苦茶だ!いきなり長谷川等伯だよ!  今日は七尾線だよ!  以前もチョッと触れたが、前回乗ったのは高校2年生の時である。  その時はね、能登半島の先の方まで鉄道が通っていたものだ。  それにしてもいつも思うことだが、この色はどうにかならないものかね?    そんなことで、朝の金沢駅にや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

公開迫る姫路城

先だって亡くなった歌舞伎役者さんも城好きだった。 「姫路城が好き、彦根城が好きだと言っておりましたが、ホステス嬢やキャバクラ嬢も好きでした…」なんて弔辞を読まれちゃってたけどさ、オレが死んじゃった時にこんな弔辞を読まれちゃ恥ずかしいな…と思う今日この頃。 12月28日の様子なのである。 あれッ…?ここは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山城の石垣

 すっかり城好きの今日この頃。  この日の翌日は姫路城に行ってるからね。 和歌山っていえば紀州徳川家で暴れん坊将軍の地元でもある訳だけど、城は天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まり。その築城を担当したのは藤堂高虎。 藤堂高虎って言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島城に登城する

 最近、城好きで有名な昇太師匠の著書まで読んで、すっかり城趣味者ですな。  広島城  別称は「鯉城」。  大坂城、岡山城と共に初期近世城郭の代表的なもの。名古屋城、岡山城と共に日本三大平城とも言われる。  まずは毛利だよね。その次には福島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島大本営跡

 しかし…広島城内に入ったものの、道草してなかなか城に辿りつけませんな。  さて、こちら↑は広島大本営跡だ。  大本営って何なのよ?  日清戦争から大東亜戦争にかけての戦時中・事変中に設置された日本軍の最高統帥機関。天皇陛下の命令(奉勅命令)を大本営命令として発令する最高司令部としての機能を持つ。  現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呉鎮守府長官官舎を見学する

 旧呉鎮守府長官官舎。  こ~みると完全な洋館じゃないですか。  でも玄関は和式だし。  中に入ると先ずは和室なんです。  そして、廊下を歩くうちに…。  洋室になっちゃったりして、凝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呉地方総監部を見学する

 「見学するシリーズ」 今日は呉地方総監部を見学する。  地方総監部というよりは「呉鎮守府」と言った方が年配の方は馴染みがあると思われる。  鎮守府とは…かつて日本海軍の根拠地として艦隊の後方を統轄した機関。その前身は明治4年(1871)に兵部省内に設置された海軍提督府である。(Wikipedia…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧海軍兵学校を見学する

 海軍兵学校を受験する人は「滑り止め」で東大や京大を受験したらしいよ。←案内のOBの方が言ってました。  それだけ優秀な人材が集まった訳だ。  現在は幹部候補生学校及び第1術科学校。  見学が出来るんですよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江田島に渡る鉄道趣味者

 しっかし!相変わらず何とも言えない色してるね。  昨日の夜に到着して2日目の模様だ。2日目は江田島に渡り旧海軍海軍兵学校や呉で大和ミュージアムや呉地方総監部などを見学する真面目な日だ。  まずは江田島。  江田島に向かうには広島の宇品か呉から船で向かう。  オレは呉ルートだね。だって…呉線に乗りたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝6時の岡山城

 日差しが早朝ぽい感じがするでしょ!  撮影時刻は6:03となっております。    鉄道趣味者tourと言えども、やはり旅先では早起きしてホテルの周囲を散策しなければいかんよ!  最近はすっかり「城」にも目覚めた歴史好き。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

関門海峡連絡船で海を渡る鉄道趣味者

関門トンネル人道もそれなりにそそるけど、歩きたくないよ…だって…暑いんだもの。 鉄道趣味者ツアーと銘打っている割には連絡船で海を渡ろうと画策する個人行動の鉄道趣味者が一人。  きっぷを買ってから気が付いた。  あッ…オレ船酔いするんだ…。  かつて那珂湊港から出航した決して船は好きではない鉄道趣味者はアッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金子みすゞの短い生涯に涙する鉄道趣味者

 たとえ列車に乗ってるだけだけど同一行動を取るような我々ではない。益田でSLに乗車するチームと長門市を経由して美祢線に乗るグループに分裂した。  オレは…もちろん!S…じゃなくて美祢線かな…だって乗り鉄だもの…。 長門市で下車した4人組は仙崎駅の近くにある金子みすゞ記念館を見学し、仙崎支線という渋…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初めて訪れたのではない松江城

 前回、松江城を訪れたのは…21年前か…。  え~と…22才?嗚呼、つくづく世の中が嫌になった今日この頃です  そして21年後の松江城。  う~ん…非常に良いと思うねぇ~。  えッ!松江城って国宝じゃないの!  国宝にして下さいよ~!  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石舞台古墳で思う

橘寺を後にした寺趣味者は岡寺へ向かう…いや、待てよ!せっかくの飛鳥だ。石舞台古墳にもお邪魔してみよう。  石舞台古墳  30数個の岩の総重量は約2300トン、特に天井石は約77トンとかなりの重量で、造られた当時の優れた土木・運搬技術の高さがうかがわれる我が国最大の方墳。  それでど~よ?石舞台? {%トホホwe…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高知城などを見学する鉄道趣味者

 これって高知城?いや…これは会津鶴ヶ城。  鉄道趣味者グループの旅行は意外にも城を見学することが多い。  鶴ヶ城の他にも松本城や大阪城にもお邪魔しているのだ。  オレは…城には特に…。  しかし、行くと言われれば付いて行きますよ!あらッ!珍しく個人行動しないのね! 「高知城」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本三大がっかり名所

よく「日本三大○○」なんてものがありますよね! 三大河川、三大松原、三大花火大会、三大温泉、三大夜景、三大古墳、三大祭り、三大密教なんてのもあるよ。 三大女優…山田五十鈴、水谷八重子、杉村春子。←知っているのはある年齢層の方だけだと思われる。 そんな中で 「日本三大がっかり名所」というモノを発見した。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

弘法大師修行の地に関心を示すのは2名のみ

話がポポポォ~ンとアッチコッチに飛ぶよ。きっと9月に入っても書いてると思うね…。7月の話題を。 鉄道じゃ室戸岬に行けないよ!甲浦駅に降り立った鉄道趣味者グループは、ここからバスで室戸岬を経て土佐くろしお鉄道の奈半利に向かうのであった。 しかし…成長したよ…。昔なら甲浦から鉄道で引き返したよね…。 途中から外…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お水取りとお水送り

 奈良の東大寺には「お水取り」と呼ばれる行事がある。そして、こちら若狭・神宮寺には「お水送り」と呼ばれる行事があるのだ。  この2つの行事には密接な繋がりがある。  むか~し、むか~し、天平勝宝 4年(752)インドの渡来僧・実忠が東大寺二月堂の建立の際に、修二会を催して全国の神々を招きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天下布武

 京都・大将軍八神社にあったパンフレット。  こんなパンフを見ちゃうと行きたくなるのがBM(ぶつぞ~マニア)の性である。  最終日は安土にやって来ました。(最近は事前の計画通りに行動したことないね…)    駅前では信長殿がお出迎えだ。  明智派の私としては敵地に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

竜飛崎に佇む

 ごらんあれが 竜飛岬  北のはずれと 見知らぬ人が指をさす   写真はイメージです↓  記念碑の前の赤いボタンを押すと、それこそ北海道まで届くんじゃねぇ~かと思われるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国三十三所・第一番札所 青岸渡寺

 定番ショットなんだけどね  五重塔って昭和47年に再建されたものだったのね。  天正9年(1581年)に焼けおちて、1972年に再建。  その間、約400年間はこのお馴染みの光景は  見られなかったんだね。 熊野那智大社と青岸渡寺は隣り合わせにあります。平安時代…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

勝浦の温泉ホテルに泊まる鉄道趣味グループ

 今回、泊るホテルに向かうためには紀伊勝浦駅  から徒歩10分の勝浦港から←これに乗らなけれ  ばならない  そして、泊るホテルがこちら↓   このツアーも“普通の”観光旅行並みに  なってきましたなぁ~。  しかし、部屋は山側で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

角さんも大好物だった「のっぺ」

「礼拝」…良い名前の駅であります。 ここは越後線・礼拝駅。目指す場所は「田中角榮記念館」であります。 記念館は西山ふるさと公苑といわれる、いわゆる道の駅にあります。「道の駅」だから鉄道で来る人間を考慮していない。 ↓鉄道もこんな状況です。  駅から徒歩だと20分かかるそうですが、その程度なら  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more