テーマ:

角さんも大好物だった「のっぺ」

「礼拝」…良い名前の駅であります。 ここは越後線・礼拝駅。目指す場所は「田中角榮記念館」であります。 記念館は西山ふるさと公苑といわれる、いわゆる道の駅にあります。「道の駅」だから鉄道で来る人間を考慮していない。 ↓鉄道もこんな状況です。  駅から徒歩だと20分かかるそうですが、その程度なら  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

那智の御滝に立つ「きんさんぎんさん」ポスター

 那智の黒あめといえば那智黒ですね~。  那智大社に登る参道の土産屋の店頭に数多く  貼ってあった「きんさんぎんさん 那智の黒飴」  ポスター。  この何とも言えない雰囲気のポスターの写真が  撮りたくて堪らなかったんです。  しかし、窓ガラスに貼ってあるので反射  しっちゃったり、土産屋のオバちゃんが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ほっとゆだ駅

東北ネタで約1ヶ月持っちゃったなぁ~ 今日でようやく最終回です。 北上線・ほっとゆだ駅には温泉が併設されています。大正11年に陸中川尻駅として開業、平成3年にほっとゆだ 駅に改称されました。 ほっとゆだ駅は湯田温泉峡の玄関口です。 さて、温泉であります{%温泉(ポチャン)hdeco…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しじみラーメン

 最近、グルメシリーズが続いております  今日は東北のグルメシリーズ!?第2弾であります。  津軽鉄道・金木駅2階にある「ぽっぽ家」さんの  しじみラーメン。  トレインアテンダントさんお薦めの一品であります。    奥津軽には十三湖という湖があります…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横手やきそば

 最近はB級グルメブームでありますね~。  我が地元の本庄市は「つみっこ」  お隣の深谷市は「煮ぼうとう」  行田市は「ゼリーフライ」  秩父市は「みそポテト」  多種多様ですね。  横手市の「横手焼きそば」は日本三大やきそばの一つだそうで、ご当地グルメ(B級グルメ)の先駆けでも  あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横手のかまくら

     昨日から強烈にヘコんでいますが、何かしていないと、もっと気が滅入るような気がする。アホな記事でも書いて  いないと…。  横手市を中心に行われている、秋田県地方の小正月行事が「かまくら」。  子供たちが「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでくだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

立佞武多(たちねぶた)の館、近くにはアノ方の看板が

 ただ列車に乗るだけじゃなくて観光もするようになった我がグループ…。成長したもんであります  青森では「ねぶた」、弘前では「ねぷた」、ここ五所川原でも「ねぷた」と言います。  青森を代表する祭り「ねぷ(ぶ)た」は、古くは中国から伝わった「中元」の行事が起源といわれ、400年以上  もの間、津軽地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰治記念館を見学する人間失格者

   映画も公開になりましたね~。「人間失格」。昨年は生誕100年で、太宰ブームが続きそうではありますな。  太宰と言えば「人間失格」とか「羅生門」…?…?あら、それは芥川龍之介か  「蟹工船」とか。う~ん それは小林多喜二{%がっかり(o…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥津軽トレインアテンダント

 奥津軽トレインアテンダントとは…  青森県が国の「ふるさと雇用再生特別交付金制度」を活用し  津軽鉄道に業務を委託して実施している事業です。  列車に乗車して、沿線の観光PRや地域の特産品の紹介  などを行っています。  例えば「ストーブ列車」に乗車して、沿線の観光案内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーブ列車

 津軽鉄道の冬の風物詩と言えば「ストーブ列車」。  ストーブ列車は昭和5年の開業時から運転されていて、今では全国的にも有名となり多くの観光客が訪れる  ようになりました。  列車は五所川原から津軽中里まで1日に2往復しています。  五所川原からのスタートでは、ディーゼル機関車に続く1・2両目の客車がストーブ列車…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

津軽鉄道

 五所川原駅ではこんな良い天気だったのに…。  終点・津軽中里駅についたら大雪になってました。  津軽鉄道は青森県の五所川原から津軽中里まで  20.7kmを結ぶ路線です。  沿線には太宰治の生家「斜陽館」で有名な金木が  あり、津軽鉄道の目玉であるストーブ列車とセッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけぼの号・B寝台個室

 あけぼの号には開放式のB寝台の他に  個室も連結されています。  B寝台個室いわゆる「ソロ」と呼ばれている車両です。  「秋田・大館フリーきっぷ」を使用する場合  フリーきっぷの運賃に「ソロ」の料金も含まれて  いるので、お得感がありますね。    部屋は通路を中央に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の「あけぼの」号は果たして定刻に運行したか?

この時期は「あけぼの」号に限らず、寝台列車は雪のために遅れが出たり、運休したりすることが多くなります。                 前回の乗車時にも大変な思いをしたのは前回も書きました。 大宮から乗車し、高崎に着く頃には早くも夢の中でした 次に目が覚めたのは象潟。おっ!定刻(5:41)じゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風雪ながれ旅

石川さゆりの「津軽海峡冬景色」 北島三郎の「風雪流れ旅」 細川たかしの「望郷じょんがら」 こんな光景を目にすると、自然に「風雪流れ旅」 を口ずさみます。 東京では、僅か数センチ雪が降っただけで 大騒ぎになります。 今日、大変失礼なことだと改めて思いました。 僅か数秒間外に立っただけで雪ダルマ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西空港展望デッキ

成田だと駅から空港ビルに入って直接展望デッキに行けます。関空は旅客ターミナルビルからスカイシャトルバス に乗って「展望ホール“Sky View”」まで行かなければならない。…知りませんでした。 先に見えるのが旅客ターミナルビル。やはりここにも飛行機趣味者 ある意味オレも飛行機趣味者? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忠犬・タマ公

忠犬タマ公は、新潟県村松町中川原、刈田吉太郎さんの猟犬で、昭和9年2月と同11年1月の2度に わたり狩猟中雪崩に遭遇した飼い主を助け出し、忠犬美談として人々に強い感銘を与えました。 上越新幹線の開業を記念し、永くこの美談を伝えるため、広く県内外の賛同者からの浄財により製作され 村松町忠犬タマ公像建立実行委員会から寄贈さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関ヶ原決戦・その2

関ヶ原の駅に降り立つと決戦気分が盛り上がってきますね~ 今回はいつ雨が降って来てもおかしくない天候のため、近くをサラリと巡っただけでしたが、天気が良かったなら 小早川の松尾山まで足を延ばそうかな~?なんて思ってたんですけど。 駅から歩いて行くと、まず見えて来るのが松平忠吉・井伊直政陣跡です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

関ヶ原に散る

 ここで三成が指揮を執っていた訳だなぁ~  小早川の寝返りで一気に形勢が不利になった西軍の陣容を見てどう思ったんだかねぇ…  「あ~ぁ ダメだこりゃ」って気持ちですか?  今回、関ヶ原訪問にあたり予習をしました  まず、初めに歴史資料館…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三成陣地・笹尾山

関ヶ原に来ました。 最近は三成ブームだそうですね~ ここ笹尾山は三成が6千の兵を率いて 陣を構えた場所です。 この私も三成殿の気持ちになって眺めています。 それにしても、関ヶ原歴史民俗資料館の 戦国グッズは充実してるなぁ~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂田三吉の王将碑

みやげもの探索の旅(?)も大阪城から通天閣へやって来ました。 しかし!          入場するのに長蛇の列なんですよ…これじゃ無理だな~ 惜しかったなぁ~ 「通天閣の置き物」(←ゴールドの)なんかあれば欲しかったんだけど… …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本最高積雪地点

今日は、この季節になるまで寝かしておいたネタです。 全国から初雪の便りが届く季節になりました。 日本最高積雪地点です。  場所は飯山線・森宮野原駅構内。鉄道での最高地点なのか?それとも日本全国でこの地点が 最高なのか?定かではありませんが、昭和20年2月12日に記録しました、7m85c…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今度は“なーむくん”Tシャツだ!

雨の中、行ってきました「ゆるキャラまつり」で彦根まで… こんなニュース見せられちゃ行かない訳行かない 傘をさした観客殺到のためキャラが出演するステージなんか、サッパリ見えません。 しかし!押さえるものは確実に押さえました!…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「みほとけたちの貌」展

奈良市写真美術館で開催の「みほとけたちの貌」展。 新薬師寺に行く途中で このポスター見せられちゃ寄らない訳にはいかない! 巨匠・入江泰吉先生がとらえた仏像の美、約100点と 写真師・工藤利三郎が100年前に撮した仏像作品約30点で構成されています。 飛鳥時代の仏像はスリム。 平安時代の仏像はポッチャリ系。 時代によ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

富山で「ちてつ」と言えば富山地方鉄道のこと

このレポートは8月31日の模様です。 いつか書こうと思ってたんですが、次々にネタが出てくるんで 後回しにしていたら2週間も経っちゃいました! 「ちちてつ」はボクの会社。“ち”が1つ足りない「ちてつ」は富山の 富山地方鉄道。 JR黒部駅と電鉄黒部駅。ど~せ隣り合ってるんだろうと安易に考え 降りたら大間違い。 夏の強い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

飛騨牛コロッケ

今回の旅行、決して列車ばかり乗ってた訳じゃない(笑) 証拠にはならないか…な? 飛騨古川の名物コロッケ「ひだコロッケ」 注文を受けてから揚げるのでサクサクです! 1個200円。ソースなしでOKです。 写真撮影時刻は“平日”の朝10時30分。 3時間前にホテルの朝食バイキングを大量に食べたばかり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

懐かしい色のディーゼルカーと猪谷駅

懐かしい色ですね。高山本線・富山~猪谷間を走る「キハ58型」です。 高山本線に乗るのは中学校3年生のとき以来。実に23年ぶり 当時は結構、この色の列車は走ってました。 平日(9/1月曜日)の朝なのにご覧のように沿線には愛好者の皆さんが カメラを構えます。 橋の上にも多くのマニ…失礼!愛好…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この列車はトイレの設備がありません…第2弾!

一部の皆さんに反響を呼びました! トイレのない列車は…南小谷から糸魚川を走る大糸線・キハ52型です。 1960年代に製造された大変由緒ある車両です。 当初、トイレは付いていたようですが、もちろんタンクに溜めずに直接 線路に落下するタイプですが… この列車が走る南小谷~糸魚川間は山岳路線です。 車内には大きなリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒部峡谷鉄道

よくぞここまで線路を敷きましたね。終点の欅平駅の様子です。 日頃のオコナイが良いのかこんなに良い天気となりました! この日は、8月最後の日曜日のためか、トロッコ列車も超満員でした。 かつては人を寄せ付けなかった深い渓谷へと進んで行きます。 1時間20分ほどで終点・欅平に到着します。この先に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「おわら風の盆」Tシャツ

その行事の名前位は知っていましたが、9/1~3の間に富山の八尾で 行われることは今度の旅行で富山駅など各所に掲示されたポスター で初めて知りました。 観光イベントのようなものでなく、地元の人たちの特別な行事といった 意味合いのものであったそうですが、最近はマスコミの影響で全国から 観光客が訪れることになっているようです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

味噌カツとエビフライ

名古屋の名物と言えば「味噌カツとエビフリャ~(?)」 このツアーも豪華となったものです。 しかし、団体行動は性に合わないわなぁ~ 一人で風の吹くまま、気の向くままの旅が合っていると再確認した今回の旅でありました!→まだ、名古屋で書いてますが、最後に良い感じでまとまりました。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more