テーマ:ぶらり旅

小田原城で家紋について考える

 今日のお話は小田原城で考える。とは言っても難しいことを考える訳ではない。  北条早雲って人は遅咲きの人で、小田原にやって来たのは60才を過ぎてから。当時の60才じゃ一丁上がりの年齢だ。    二宮神社の話が先になっちゃったけど、本来はこちらが目的であった訳の最近、すっかり城趣味者の歴史好き。  最近大人気の竹田…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田信玄水中墓伝説

長野県最大の湖である「諏訪湖」。周囲17km面積14.2㎢、最深7.6m。 この諏訪湖には武田信玄が「それがし弔いは無用にして、諏訪の海へ具足をきせて 今より三年目の亥の四月十二日に沈め候え」と遺言したという伝説があり、古くから 信玄の遺体が沈められているという「水中墓伝説」がありました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

銭形平次にもゆかりの神田明神

男だったら 一つにかける~ 良い歌だな~「銭形平次」は! 特に3番が良いんだなぁ~ 「道はときには 曲がりもするが 曲げちゃならない 人の道~」 銭形親分は神田明神下に住んでましてね~神田明神にはゆかりのある方ですね。 境内には顔出し看板も設置され…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

東京タワーにある「東京おみやげたうん」

今日は月1の「京都検定講習会」の日です。会場は虎ノ門のホテル。 虎ノ門から僅かの距離に“東京のシンボル”東京タワーが鎮座しています。 今まで38年間、行ったことの無かった東京タワーへ行ってみました。 とは言っても展望台に登らず、お土産屋さんを探索しただけなんですが… タワー下にあるフットタウン2階に「東京おみやげ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

鬼平犯科帳を観ながら「池波正太郎記念文庫」のこと

やっぱ吉右衛門の鬼平は格好良いな~ 今日はTVで鬼平犯科帳を放送してますが、放送を観ながらタイムリーな話題を書きます。 時代劇好きとしては行かない訳にはいかない! かっぱ橋道具街を言問通りへ向かって歩いていくと、台東区生涯学習センターという大変立派な 建物が見えてきます。 その1階の台東区中央図書館内に「池波正太郎記念文庫…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鼠小僧次郎吉の墓は合格祈願にも効果があります

両国・回向院境内にある「鼠小僧次郎吉」の墓です。なぜ、次郎吉の墓が合格祈願なのか? 「どんな試験でもすり抜ける…するりと志望校に入れる」その他には宝くじに当たるとか お金がたまるとか言われています。 お前立ちの墓石を削って持っていれば効果テキメンです。「t…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本一の悪役・吉良上野介屋敷跡…

今日は両国・深川・木場あたりを散策してきました。木場では大江戸神輿まつりが開催。 その模様はまた後日にするとして、今日は両国にある吉良上野介の屋敷跡のご紹介です。 今では30坪ほどの小さな公園となってしまっていますが、討ち入りの時の吉良邸は2,550坪!という 広大な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かっぱ橋・食品サンプルのリアルさに驚いた

ネタがない時の下町散歩。今日は飲食業の皆さん御用達!鍋・包丁・食器・インテリア 看板・ユニフォーム…なんでも揃う「かっぱ橋道具街」です。 かっぱ橋といえばコレでしょう。ニイミ洋食器店ビル屋上のコック人形。 初代社長がモデルです。 1907…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

信州飯山・寺めぐり

長野県飯山市は島崎藤村が「雪国の小京都」と呼んだほど寺が多い町。 飯山駅を中心に24のお寺さんがあります。このお寺に記念スタンプが設置 されていて、これを押しながら巡る「スタンプオリエンテーリング」が行われて います。 こんな良い感じのお寺さんが続々と登場します! このお寺は臨済宗妙心寺派・正受庵です。映画「阿弥陀…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

信玄の落とし処

飯山の街なかで見つけました。 「信玄の落とし処」 …公衆トイレです 信玄との合戦で不利になり、安田の渡し場に着いた謙信は船頭に命じて千曲川を渡ると 渡し船が使えないように、刀を抜いて綱を切り落とした…以来「綱切りの渡し」と呼ばれる ようになりました。(綱切り伝説) この信玄軍を陥れた「綱切…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

直江兼続公「愛」Tシャツ

直江兼続公ってご存知ですか? 来年のNHK大河ドラマの主人公なんですって? 歴史好きの私も存じませんでした。 豊臣秀吉などは「天下の政治を安心して任せられるのは 直江兼続など数人にすぎない」と高評価している人物です。 兼続は上杉景勝の家臣ということで、地元・新潟では早くも盛り 上がっております。 これも越後湯沢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

越後屋~おぬしも悪よのお!

ウォーキングの2日後に筋肉痛が出るなんて! 年は取りたくないもんでありますな~ 飯山・寺ウォーキングの帰りに越後湯沢駅の売店で発見しました! 「越後屋 おぬしもなかなかの悪よのお」 悪は“たぬき”と読むようですが…れっきとした登録商標です。 時代劇好きの私が想…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

日本三大車窓&三大名月の里

日本三大車窓の一つ長野県・姨捨駅。 雨で霞んで良く見えないや~(残念!) 眼下には善光寺平の絶景と棚田の風景が広がっているようです。 ↑よく見えないけど… 一帯は全て謙信と信玄が一戦を交えた「川中島の戦い」の戦場だった場所です。 下を走るのが“本線”です。特急列車は本線をそのまま通過して行きます。 駅舎は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「極楽浄土」へのパスポート

“極楽浄土”ゆきの切符がこうして手元にあるという事は… 歩こう!信州 「飯山 寺めぐりコース」に行って来ました! 正式には「奥信濃・寺の町飯山 HAPPY PASSPORT」って言います。 約6.5km程なんですが、流石に歩き疲れました。 阿弥陀さまが大勢の菩薩を引き連れて迎えに来てくれることでしょう。 ↑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

九品仏の“おめんかぶり”

“おめんかぶり”…二十五菩薩来迎会と言います。 京都では即成院、奈良は當麻寺、大阪は大念仏寺が有名です。 東京ではここ世田谷にあります九品仏・淨眞寺の練供養が有名です。 淨眞寺の練供養は3年に1度、8月16日に行われます。今年がその年に あたりました。 ご覧のようにスタート前から大観衆で、これ以上前に進めま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

井伊直弼公の墓

豪徳寺が井伊家の菩提寺と言うことは、井伊家第13代当主 井伊直弼公の墓も豪徳寺にあります。 井伊直弼といえば「安政の大獄」に代表されるように幕政の改革派 を弾圧した張本人、果ては逆賊とまで言う人もいます。 しかし!直弼の決断があったからこそ、日本が植民地にならずに 済んだのではないでしょうか? 命をかけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

招福猫児(まねきねこ)

8月16日に東京は世田谷にあります、九品仏・浄眞寺にて3年に1度の 行事、二十五菩薩来迎会が行われました。 この模様はその内しようと思いますが、今日は同じ世田谷にあります 豪徳寺の招き猫の話を… 豪徳寺は、昔は相当な貧乏寺でしたが、そこの住職が猫を可愛がり 自分の食事を割いて猫に与え、我が子のように育てていました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お岩神社!!

正式には「於岩稲荷田宮神社」と言います。 “お岩さん”と言えば「東海道四谷怪談」で有名ですが、これは脚色 されたもの。 実際のお岩さんは… 徳川家御家人の田宮又左衛門の娘で、夫の田宮伊右衛門とは人も 羨む仲の良い夫婦でした。 しかし、貧乏御家人の台所は火の車。そこでお岩夫婦は家計を支える ため商家に奉公に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平将門首塚

え~と、最近、自分の中で首塚ブームです (といっても訪れたのは光秀の首塚だけですが) 今回は「平将門」の首塚を紹介しましょう。(有名ですけどね) 場所は大手町の一流企業立ち並ぶオフィス街にあります。 標識には消防庁・気象庁と並び首塚も… この場所に対して不敬な行為に及べば祟りがある{%顔モジヒヤッ(シェイク)h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸にもあった!三十三間堂

江戸三十三間堂は、京都の蓮華王院に模して、寛永19年(1642年)に浅草 に建立されました。元禄14年(1701年)にこのモニュメントが置かれている 深川に移されました。 深川の三十三間堂は、南北六十六間・東西四間の堂舎で、本尊は千手観音 であったといわれています。 この三十三間堂でも武士の弓術稽古のため通し矢が行われ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

東武大師線・大師前駅

 東武伊勢崎線・西新井から大師前を結ぶ1.0Kmの超短い路線 が大師線。  オレはテッキリ西新井大師の参詣客を輸送する参詣鉄道として 開業したのかと思ってたんですが、当初の予定だと東上線上板橋 とを結ぶ西坂線の一部として開業したんだってね。  もし、この路線が開業していれば現在秩父線経由で回送している 車両も簡単に輸送できた…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

野岩鉄道・湯西川駅

電車から降りたら…う~寒い!! 野岩鉄道・湯西川温泉駅はトンネル内の駅です。 トンネルの先には五十里湖に架かる鉄橋。 ホームには小さいながらも待合室があります。 改札口からは階段の他、エレベーターが完備。エレベーターからホームへ 向かう通路。 ここ湯西川には平家の落人伝説があります。 「平家にあらずんば人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田急7000系・旧塗装

 今は色々ロマンスカーも新型車両がありますが、オレの世代だと この色だな~。  先週、根府川駅探後小田原から乗った「はこね」号です。 小田原ホーム進入時、見えた瞬間に「あっ!」と声を出したと同時に 撮ったものです。  後で特急券をよく見ると券面に「LSE」って書いてあるから通の人なら 事前にどんな車両が来るか分かるんだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線・根府川駅

 今日は休みです こんな良い天気に家に居ては勿体ない! な~んのあてもなく湘南新宿ライン小田原ゆきに乗ってみました。  まあ、熱海あたりで温泉入るのも悪くないか?と小田原で熱海ゆき に乗り換えると海が見えて来ました  根府川で特急通過待ち。根府川と言えば「根府川鉄橋」。 う~…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新幹線0系旧塗装・こだま629号を早起きして撮る!!

 一日目は大阪の街に世俗にまみれて1泊。二日目は一転! 高野山の宿坊で禁欲の1泊と落差の激しい旅行より帰還しました。  今日は取りあえず5/4(日)に朝5時半に起きて新大阪駅へ 見に行った新幹線0系旧塗装「こだま629号博多ゆき」の姿を 御覧下さい…  先ずは反対側ホームより狙ってみました。  入線から発車ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more