さっそく仁和寺展へ向かう寺趣味者

画像


 「仁和寺と御室派のみほとけ」

 御室…オムロン…オムロンはここが創業の地だ。

 特別展が始まった情報を受け、昨日は早く京都から帰って来た訳だ…。

画像
 ではオレのメモ帳から紹介しよう。

 「仁和」とは、やわらかいもの、いつくしみの心、平安・平和であってほしいとの意味。(出だしから真面目に書いてるじゃん)


 小浜の明通寺の降三世とか深沙大将とか現地で見てるハズだ。

 道明寺の秘仏・十一面観音。

 雲辺寺の千手観音。


 五秘密像→金剛寺  金剛寺にはいつか行かなければならないであろう。

 まだ開幕して2日目で、人もまだ少なくてかなり余裕を持って拝観出来てるんです。

画像

 写真OKゾーンがありまして、こちらは江戸時代に再建され、一般には非公開の仁和寺・観音堂を再現したブースです。

 うわぁ~凄いなぁ~。なんて、見てるんだけど…あれッ…?一般には非公開ってあるけど、現地で見てねぇ~か?

 見てるな…。



画像

 みんな仏像を撮りまくってるけど、周囲の仏画も良いよ。

 
 この日は御詠歌の公演なんてのもあって、寺好きには堪らなかったですよ。











 さて、最後はミュージアムショップだ。

画像
画像


 国宝三十帖冊子より空海直筆「空海もなか」ど~よ。


 あッ…素敵なTシャツ発見!
画像

 こりゃ良いや!

 葛井寺の国宝・千手観音Tシャツだ。

 久しぶりに買っちゃったよ…Tシャツ…。
画像















 その葛井寺の国宝・千手観音菩薩坐像は2月14日から公開か…。もう1回来なくちゃだよ。
画像

"さっそく仁和寺展へ向かう寺趣味者" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント