掛川郵便局の風景印を貰う郵便趣味者の城趣味者

話の流れとしては接阻峡温泉の次に来るものです。

いいよこれを含めてあと3つも書けば完全なネタ切れだ。



接阻峡温泉の翌日にやって来たのは掛川。

本日は掛川に車を置いて、浜松から遠州鉄道から天竜浜名湖鉄道を
経由して戻って来るという算段だ。

途中で結構寄り道してる割には乗車する列車の40分前に到着しちゃった
鉄道趣味者達。

掛川城…行けるか?チョッと厳しいか。

IMG_6490.JPG

そんなことで観光案内所でパンフレットなど貰ってお茶を濁す
城趣味者。

IMG_6530.JPG

それでも時間が余ってるぜ。それじゃ「〒」があるんじゃねぇ~の?

駅近に掛川郵便局があるよ!

残念なことにポストはがきは品切れだ。東京の銀座三郵便局以来だな。

IMG_6515.JPG

掛川郵便局風景印

掛川城 桔梗 茶壷

掛川は東海道の要衝だ。

今川から徳川。徳川が江戸に異動した後は山内一豊。

一豊は関ケ原の合戦の前に率先して東軍に自らの城を提供して
合戦後は恩賞で土佐高知を貰って大出世だ。

あらッ…。観光案内所で掛川三城の御城印売ってたらしいぜ。

ちょっぴり予習不足を後悔する城趣味者。


"掛川郵便局の風景印を貰う郵便趣味者の城趣味者" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。