乗り換え時間を使って風景印収集に精を出す郵便趣味者

善光寺御開帳。 善光寺の御開帳は、本堂に安置される秘仏の本尊「一光三尊阿弥陀如来像」の前立本尊を数えで7年に1度開扉する盛儀。期間中は参拝者が数百万人も詰めかける。 開催は行われた年を1と数える「数え年」で「7年に1度」と言われるが通常の数え方の「満」では6年に1度。(丑と未の年) あ…なるほどね。上の写真は2009年のもので…
コメント:0

続きを読むread more

塩尻大門南郵便局の風景印を走って貰いに行く郵便趣味者

郵便創業150年!! 最近は記念乗車券より記念切手の郵便趣味者。 でも…こんなのは買ったんだけどね。仕方ないよ…鉄道趣味者でもあるんだもの。 さて、飯田線の続きだ。 これで再び暫く出掛けられなくなるから、引っ張るだけ引っ張らないとまたネタが尽きるぜ…。 塩尻までやって来ました。 塩尻といえば「山賊焼」。あたかも知…
コメント:0

続きを読むread more

元善光寺駅に降り立つ鉄道趣味者

降り立つ…とは言っても、列車の交換待ちの停車時間中に慌てて降り立っただけなんですけど。 「元善光寺」25年ほど前まではこの先にある「沢渡」と共に仕事でも大変お世話になった駅である。 大正12年12月の建物財産標。前身の伊那電気鉄道当時の駅舎のようだ。   1996年まで、この先左側に分岐する貨物線がありました。 駅…
コメント:0

続きを読むread more

飯田線の秘境駅で先人の偉業を偲ぶ鉄道趣味者

  豊橋から2時間20分。飽きる間もなく大嵐駅に到着しました。 ここからが飯田線のメインよ!秘境駅ゾーンだぜ! 「秘境駅」山奥や原野などにある鉄道駅。 昨年は秘境駅ランキング第2位の大井川鐡道・尾盛駅を車窓から見学した。 降りられないよな…秘境だもの。 ここからの飯田線は秘境駅ランキング・TOP20に入る駅が連続するので…
コメント:0

続きを読むread more

飯田線に乗って大興奮の鉄道趣味者

  静岡で途中下車したりして、ようやく豊橋までやって来た鉄道趣味者。 他の連中とは浜松で合流である…。 ありゃ!良いのやってたんじゃないの!と、浜松で叫んだ仏像趣味者。 いいや…再び来る理由が出来たじゃないの。 そんなことより飯田線。 2009年の夏に豊橋~中部天竜に乗ってるね。佐久間レールパーク最後の夏だ。   まあ、…
コメント:0

続きを読むread more

特別な御城印まで頂いてご満悦な城趣味者

  静岡中央郵便局に寄って、ハイさようなら!とはいかない城趣味者。 駿府城跡を見学しなければいけません。駅から歩いても近いしね。 さあ、駿府城ですわ。 城の歴史とか書きませんよ…面倒くさいから…。こちらを参照してもらうとして、家康公が大御所として実権を握っていた時代は江戸をも凌ぐ政治文化・経済の中心地だったというから、こりゃ…
コメント:0

続きを読むread more