静岡に来てご満悦の郵便趣味者の歴史好き

  静岡に降り立ち、家康像より先に今川義元公を撮影する歴史趣味者。 まんが日本の歴史などではお公家さんぽく描かれて、織田にアッという間にやられちゃったという感じのイメージが強いですが、ホントは凄い武将なんだぜ…。 ところで、なぜ静岡よ? 塩尻→長野→上田→別所温泉。 ここから読み取れることは、豊橋あたりから飯田線を全線走破…
コメント:0

続きを読むread more

八王子でテンションの上がる仏像趣味者の郵便趣味者

横浜から八王子に移動する仏像趣味者。 これは…素通り出来ないでしょ! 藤森武先生は土門拳先生の直弟子だそうだぜ。あの「古寺巡礼」の撮影にも携わった方だ。 しかし…東北の仏像ってのは京都や奈良の仏像とは何となく違って良いよ…何処がどう違うのかの説明は難しいけどね。 さて、良いモノを見させて貰った仏像趣味者。 後は「〒」を…
コメント:0

続きを読むread more

久々にテンションが上がる仏像趣味者の郵便趣味者

  10世紀に中国・宋からもたらされた京都・清凉寺の釈迦如来立像は釈迦在世中にその姿を写した像として信仰を集め「清凉寺式釈迦」と呼ばれる模像が多数制作された…。 仏像趣味者としては基本中の基本である。 ↓これは清凉寺式だな…。 自粛で様子見してる間に会期が終わっちまうよ!と、有休取って尚且つ、時間指定チケットまで用意して行ってき…
コメント:0

続きを読むread more