飛鳥大仏1400年の歴史に思いを馳せる寺趣味者

IMG_5872.JPG

明日香郵便局寄って、はい!サヨウナラ!ってな訳にはいかない。

飛鳥寺寄らなきゃいかんでしょ。

ず~と先に見える飛鳥寺の本堂まで、まあ歩いて15分で行けるか?

IMG_5873.JPG

IMG_5876.JPG IMG_5884.JPG

昔は大伽藍で凄い寺だったんだよね。

田んぼ一面が寺だったのでしょう。

そんな飛鳥寺。

やはり明日香に来て、大佛のお顔を拝見しなければ失礼である。

IMG_5878.JPG 

IMG_5881.JPG IMG_5883.JPG

オジサンが説明してくれるからね。それもタイミング良く1対1ですわ。

大佛さまの写真撮影もOKです。

最近の研究によると、かつては造立時から残っている部位は目元と右手
の指の一部であると言われていたのであるが、お顔や右手の大部分は
造立時のものであることが判明してきたらしいのです。

IMG_5882.JPG IMG_5879.JPG

う~む…。お顔に1400年の歴史が滲み出てるよな。

何が凄いって、1400年前からここに座ってる訳だから、聖徳太子も蘇我入鹿
も中大兄皇子も中臣鎌足も本人を見てるんだよね。この方は。

それに比べればオレの49年なんて小せぇ~よ。この人はこれから100年200年
どころか1000年座ってるんだから。

どこの寺でも歴史があって古いんだけれど、飛鳥寺に来ると特にこんなことを
感じるよな。

IMG_5911.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぴあの
2019年10月29日 11:39
飛鳥大仏 懐かしいです。
私が行った頃も写真OK。なんでかなぁ? 大体、どこのお寺も写真はダメなのに。
でも、この大仏さんのお顔、誰かに似てません?
奈良の大仏さんとも全然違うし、おおよそ日本の仏像のお顔とはちょっと違う感じ。

最近は天候がいまいちなので、すきっとした秋晴れの一日 奈良を散策したくなりました。

それはそうと最近の大雨、そちらはいかがですか?
埼玉も大変みたいですね。お見舞い申し上げます。
五郎蔵
2019年10月29日 18:22
何て言うのか、飛鳥時代って感じの仏さまなんですよね。
平安時代の仏さまとも違いますしね。
しかし、明日香は自転車か徒歩が似合いますな。今年は秋晴れが少ないですけど。
“さいたま”も各方面で被害が出ましたけど、お陰さまで我が家の辺りは川も溢れず、山も崩れず大きな被害もありませんでした。
明治の初めに「水害の恐れがない、水運が良い、高い山がない、気候が温暖」ということで“ほんじょう”遷都論なんてのがあったらしいですから、当時から災害が少ないことが知れていたのでしょう。
世が世なら京都から“ほんじょう”に首都が移っていたかもしれません。