武将花押帖に花押を押して御満悦の城好き

違う話が始まっちゃったような感じなんですけど、今までの流れと繋がっている話なんです。

画像

 うさぎ島に行った話を書いたんですけど、新幹線を三原で下車して呉線の発車時間まで30分。こんな時は駅にある観光案内所を訪れて情報収集したり、グッズを買ったりするのが最近の流れだ。


 そこで発見したのがコレだ。
画像









毛利元就三矢の訓 武将 花押帖 \500

画像















 こんな感じで毛利隆元・吉川元春・小早川隆景の花押を左側に押していく訳だ。

 まあ、花押スタンプは歴史博物館であるとか、三原周辺の施設に行かないと押せないのであるが、人物の来歴とか、関連する場所のガイドとかが掲載されているので、ためになるので買って来たのです。


 そこで、コレなんです。

 今般、「お城EXPO」というイベントに行きました。またこりゃ渋いですな。
画像


 オレもボチボチ行ってるんですよ「城」は。
画像画像
画像

画像画像
画像

画像画像
画像

画像画像
画像

画像画像
画像


 現存する画像だけでこんなにあったわ…。この他に松本城と会津鶴ヶ城にも行ってるよね。

 オレも嫌いじゃないよ…歴史も好きだしね。

 入“城”料が結構なお値段なので一見さんは入って来ないです。ホントに好きな人じゃなきゃね。だから、みんな専門的な質問してますよ。チビッ子なんかも凄いな…将来有望だぜ。


 そんなイベントの中で、各自治体や観光協会のPRブースがあったんです。
画像


 

 もう…オレも帰りのトートバッグが超重かったですよ…。
画像














 さあ、ここからです。(長いな…今日は…)

 この観光情報ゾーンに毛利元就「三矢の訓」連携会議(広島県安芸高田市、北広島町、三原市)が出展されていました。

 「あッ…この前買った花押帖売ってんだ…」

 「どうです?お買い求め頂くと花押スタンプ3つ押せますよ。今日は特別に毛利元就の花押も押せますよ!!」

 「…」

画像



 また1冊買っちゃったよ…。











画像


画像画像
画像


画像

 「花押」なんていうと、こんなのをイメージするじゃないですか。

 武士特有の形状・署名方法として必ずしも実名を使わず父祖や主君の花押を模倣したり実名と花押を併記したりしていた。→武家様

 また、神仏に誓って事を成し遂げる強い決意を込めて書く起請文の場合、武将自らが署名花押を記し、花押の上に自らの血を塗りつけたり、血で花押を書いたりすることがあった。→これを「血判」という。

 なるほど…「花押」にも色々な種類があるのだな。勉強になるな。







画像


 勉強ついでに今夜は築城名人の藤堂高虎さんについて学んでみようかな…。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック