しまなみ海道を渡る鉄道趣味者

画像


 いきなり「伯方の塩」だよ…。

 伊予西条から今治に戻って「しまなみ海道」を渡り、大三島までやって来たいよいよ観光気分の鉄道趣味者達。

 大三島には伯方の塩 大三島工場があって、塩の製造工程を見学出来るのである。

画像


 「塩」っていうのは昔は専売公社なんていうのがあって国の専売だったりしたこともあった訳で、日本の海水から直接塩をつくることが認められたのはなんと平成9年なんだってよ!これだもの…獣医学部だって作れないよ…。

 「伯方の塩」 有名ですよ。今治から行くと大三島の手前に伯方島があります。平成8年までは伯方島にある伯方工場だけで作られていた。

画像


 見学の際に頂けるお塩のセット。

 
 そりゃ、いくら高血圧で塩分控えめにしたって、お塩をゼロにする訳にいかないよ。

 生活に欠かせないものですからね!









画像


 館内売店で売ってる「塩ソフト」

 写真撮る前に先っちょをひと舐めしちゃったけど…こりゃ旨い!

 お塩のセットの中にも入ってるんですけど、カリッとした歯ごたえ・おだやかな塩味の「フルール・ド・セル」をパラパラっとトッピングするんですよ。

 もう少し、パラパラっとかけてみるかな?人間ドックの診断結果を無視する高血圧者…。







画像



 売店も充実ですわ。伯方の塩のTシャツもあったもの…。


 すっかり観光客気分の鉄道趣味者達。






 実はこの工場に来る道すがら、神社の杜があったことを目撃してるんです。なんせ、今回の旅はレンタカーを使ったり、翌日はトロッコ列車に乗ったり、得意の個人プレーが出来ない行程なので、全く愛媛の予習をしていなかった神社好き。

 もう少しで「伊予の国一の宮」を素通りするところであった。

 次回は伊予の国一の宮で叫ぶ「こりゃ良いや~!」

 まあ、何があったのかは想像出来ると思うんですけど…。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック