和歌山城の石垣

画像



 すっかり城好きの今日この頃。

 この日の翌日は姫路城に行ってるからね。









和歌山っていえば紀州徳川家で暴れん坊将軍の地元でもある訳だけど、城は天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まり。その築城を担当したのは藤堂高虎。

藤堂高虎って言えば築城の名人だよ。

「窮屈なる所を好み 楽成る所を嫌ふべし」って遺訓があってさ、こりゃまた良いこと言うねぇ~。随分詳しいじゃないのよ。

↓グリーン車で貰って来た(?)コレで読んだんだよ。
画像















画像
画像


最近、城で撮る写真もマニアック過ぎちゃってよく分からないね。

和歌山城内には、造られた時代により、異なる積み方の石垣があります。規則的ではない積み方の「野面積み」、大きな石の間に小さな石を詰めた「打ち込みハギ」、きっちりと美しく積まれた「切り込みハギ」というように、時代により変化しています…。


画像


 「野面積み」は豊臣の時代、「打ち込みハギ」ってのが関ヶ原の合戦の後頃、「切り込みハギ」は和歌山に徳川家が入った頃、江戸時代の初期頃の積み方であるそうだ。

 なるほどね~。だんだん城知識が深まってきますな。







 城内には和歌山県護国神社も鎮座しています。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック