呉地方総監部を見学する

画像
画像







 「見学するシリーズ」 今日は呉地方総監部を見学する。

 地方総監部というよりは「呉鎮守府」と言った方が年配の方は馴染みがあると思われる。

 鎮守府とは…かつて日本海軍の根拠地として艦隊の後方を統轄した機関。その前身は明治4年(1871)に兵部省内に設置された海軍提督府である。(Wikipedia)

 呉の他には横須賀、舞鶴、佐世保に置かれていた。

画像
画像



 そんな鎮守府の庁舎が毎週日曜日の10:30~11:30と13:00~14:00の間に一般に公開されている。

 自由に見学出来る訳ではなくて一定の人数が集まった時点で「白い制服を着た人」の先導で見学開始である。

画像

 これが旧呉鎮守府庁舎である。

 明治40年(1907)に竣工した地下1階、地上2階建て、延べ1,990㎡ のレンガ造建築。

 外壁はイギリス積みといわれる積み方で、2階には柱頭に桜を彫刻した石柱が両側にあるなど、凝ったデザインと入念な仕上げが建物の美しさと重厚さを表現する…。




 オレは「凄いなぁ~」程度の感想しかないのであるが、一緒に見学していた学生諸君(たぶん建築が専攻科目であると思われる)は「うぉ~!」とか「あ~!」とかオレが電車を見てる時と同じような興奮の仕方なのである。

画像
画像





画像













画像
 こちらは建物の裏側であるが、海を正面に見ている訳で裏側とも言えないのかな。

 写真には写ってないが、下から上って来る階段は明治天皇の行幸の際に陛下が上られることを想定して作られたものであるが、自動車で建物まで上られちゃったので実際には使われなかった。

 そんなことを考えればこちらが裏側とも言えない。






 さて、ここから歩いて15分位のところに旧呉鎮守府司令長官官舎があるんです。

 この建物も学生諸君が「うぉ~!」となる物件でした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック