真っ暗闇の地下霊場・玉川大師

インフルエンザごときが怖くて家に引き籠っちゃいられねぇ~ってんだい

そんな訳で…今日は“ニコタマ”とも言われています二子玉川へやって来ました。
二子玉川駅から歩いて10分の場所に玉真密院・玉川大師はあります。

画像
画像



5月と10月の21日~23日に「お砂踏み大祭」が開かれます。

お砂踏みとは…
 四国八十八ヵ所と西国三十三ヵ所のお大師さまと、観音様が奉られており巡拝順路に霊場の砂を敷いて
 巡礼をしたのと同様の効果を得られる~

「お砂踏み」自体は京都の今熊野観音寺や長岡京の乙訓寺など、全国各地の寺でも行われており珍しい
ものではないですが、こちらの玉川大師では霊場が本堂の地下にあるんです

拝観料の100円を納めて早速階段を降りると…真っ暗闇の世界

  真の闇…  怖い…

壁を伝わり、足も一歩一歩踏みしめて… ようやく灯りが見えた時の安堵感と言ったら…

画像
画像


この地下霊場は「遍照金剛殿」と言いまして、秘仏である「大日如来」さまの胎内を表し、巡拝修行をすれば
心身ともに清浄となり、そのまま無辺の大慈悲に浴し、生きる力と幸福が授かるとされます。(パンフレットより)

石仏の総数は約300体。深さ5メートル。参道は約100メートルにも及びます。

画像
画像

画像


大勢の爺っちゃん・婆っちゃんに混ざって(またかよ!)四国八十八ヵ所と西国三十三ヵ所の霊場も
一気に巡りきっちゃったな~

画像
画像


いやぁ~ 都内にも凄いお寺さんがあるもんですなぁ~

       大祭以外でもこの地下霊場は巡拝出来るそうですので是非 どうぞ。

                                                  お薦めです








この記事へのコメント

ぴあの
2009年05月23日 22:24
こちらは長い暗闇ですね~~ 私も今年は2回体験しましたが ふふふ本当に恐いですよね~~ あの明かりが見えたときの安堵感 たまりません。
それにしても手っ取り早く四国も西国も御回りになられたこと!
功徳はあるのでしょうね~~(嫌みじゃないですよ)
私も御室の八十八ヶ寺 まわりましたので。
五郎蔵さんは爺っちゃん・婆っちゃんに好かれるんじゃないですか?!(良いことですよ)
五郎蔵
2009年05月24日 20:30
昔の人たちは有難かったでしょうね。
今と違って、簡単に四国や関西に行けなかった訳ですから。
こうして都内でも簡単に四国八十八ヵ所が巡れるのは現在でも
有難いことです(合掌)
この時間帯は私が最年少でした(またかよ!)

この記事へのトラックバック