煩悩だらけの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 祐天上人三百年御遠忌に出掛ける鉄道趣味者

<<   作成日時 : 2017/05/14 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 意味分からんタイトルだなぁ…。

画像
 
 祐天上人の三百年御遠忌。

 高僧と言われる方は50年ごとに年忌法要するんだよね。

 今回、祐天上人は三百回忌にあたるってことだ。



 それじゃタイトルの説明するか。

 実はBM(仏像マニア)でありTMでもある鉄道趣味者…。TMって何よ?

  ticket(チケット)マニアよ。






 金曜夜、パソコンに向かい記念乗車券情報の収集に勤しんでいたところビビッと引っ掛かった情報である。

 「祐天上人三百年御遠忌 記念入場券」 by東急電鉄

 えッ!!

 記念入場券が発売されることに「えッ!!」と言った訳ではなく、大法要があることに「えッ!!」と言った、この時は鉄道趣味者じゃなくて寺趣味者。

 そんなことで本日は泊まり勤務明けにもかかわらず目黒に飛んだよ。

画像


 記念入場券も無事に入手した訳だが、法要の様子をレポートしてみる?


















 今日はお昼過ぎから練り行列がありました。

 そんな中でお稚児さんの行列があったので、お父さん・お母さん・爺さん・婆さんが我が子我が孫を撮ろうと右往左往な訳なんだが、オレはコチラを撮りたいんだよ!
画像
画像

 そしてこちらが東京都指定有形文化財・祐天上人坐像である。
画像

 祐天上人は江戸時代中期に活躍した高僧。浄土宗・増上寺の第36代住職。生涯を通し誰もが救われるお念仏のみ教えをひろめ、特に「南無阿弥陀仏」の名号を独特の文体で書き、身分を問わず授けたことで多くの人々が救われたのである。

 独特の文体は御朱印にもなっている。

画像 





 まあ、しかし、記念入場券の情報を探してたら大法要の情報までゲット出来ちゃって、これも上人のお導きであろう。


 さて、もう一つ、御開帳趣味者としてビビッと来たのがこちら。
画像









 「祐天上人本地身地蔵菩薩」

 信州の松本のお寺さんに祀られていたお地蔵さんが昨年、祐天上人ゆかりのものであると判明して、今回、祐天寺に里帰りしている。祐天寺には別のお地蔵さんがいらっしゃるんですけど、このお地蔵さんは信州のお寺さんが祐天寺贈ったものらしいんです。要するに2体のお地蔵さんは220年ぶりの再会とのこと。




 こりゃ凄いなぁ〜。

 良いモノ見させてもらったわ!

 しかし…何が幸いするか分からないね…。これからも情報収集はこまめにしなければいけません。

 あッ…法要や開帳は明日までやってます。今日の夜、偶然これを見て大法要をやってることに気付いた人はぜひ行って下さい!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祐天上人三百年御遠忌に出掛ける鉄道趣味者 煩悩だらけの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる