煩悩だらけの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 新薬師寺・十二神将

<<   作成日時 : 2008/11/15 20:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


奈良時代に建てられ、その後台風で倒壊したとされる新薬師寺の金堂とみられる建物跡は
建物の間口がこれまで推定されていたよりも広い65メートル余りで当時、平城京で最大
だった東大寺の大仏殿に次ぐ大きさだったと推定されることが大学の調査で分かりました・・・


昨日の朝、NHKのニュースでやってました。こんな画面になると反射的にデジカメを向ける

自分が怖い… (それも朝の6:22から…)


新薬師寺は今では非常にこじんまりとした小さなお寺さんです。

画像画像















新薬師寺とは“ニュー薬師寺”という意味ではなくて、霊験“新”たかなお薬師様がいらっしゃる

お寺、「あらたかな」薬師寺という意味だそうです。

ニュースにも取り上げられた通り、当時は東大寺と共に南都十大寺の一つに数えられ、七堂伽藍

を並べ、そこに住む僧は千人を超えていたという大きなお寺でした。

新薬師寺といえば「十二神将像」でしょう。天平時代の塑像(粘土を乾燥させたもの)の代表作です。

画像


カッコ良いんだな〜十二神将像は…この像を1200年前に作った人の感覚って今でも通用する
と思う。

画像


かつて、近鉄奈良駅前の土産屋で購入した「招杜羅(しょうとら)大将」です。

戌年守護神と表示があったので購入しましたが、新薬師寺では「伐折羅(ばさら)」が

戌年守護神となってました。その「伐折羅」像も一説によると「迷企羅(めきら)」像で

あるという説もあるし、この「招杜羅」も実は「珊底羅(さんてら)」だとの説もあります。

何が何だか ですね〜


この「招杜羅」像、4年前の新潟県中越地震発生の際、棚から落下し腕が破損しましたが

懸命の修復作業の結果、現在では我が家の“重要文化財”に指定されております

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
新薬師寺、私ここが好きです。秋篠寺と同じくらい好きなの。でも随分長いこと行ってなくて、今日写真を見て以前と全然変わってないように思いました。本当に素朴でしょ?!十二神将像が塑像であることもその時教えてもらいました。ずらっと並んだその像をガ〜ンという衝撃をもって見た事を昨日の様に思い出します。五郎蔵さんが行かれたと聞いて、いつアップされるのかと楽しみに待ってました。有難う。
ぴあの
2008/11/15 22:14
このニュースを見なければ、新薬師寺の話は
書かなかったです
このお寺さんはバス停から15分位歩かなければ
ならないし、大型バスの駐車場も勿論無いので
修学旅行シーズンだったんですが、学生の姿も無く
静かに拝観出来ました。

今回、新薬師寺での発見は本堂脇にある「地蔵堂」に
綺麗な十一面観音さまがいらっしゃったこと。
次回、訪問時にぜひご覧ください。
五郎蔵
2008/11/15 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
新薬師寺・十二神将 煩悩だらけの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる